スマホ時代の衝動買いを促進する「Amazon Pay」とは

  • 2016.01.13
  • アドバイス

Eコマース

Amazon Payとは?!

Amazon Pay」を自社ECに導入すると、
はじめてのお買いものの決済でも簡単に完了します。

これまで、はじめて自社ECサイトに来ていただいたお客様は、
お買い物に必要な情報を入力する必要がありました。

でも、「Amazon Pay」を導入すると、

お客様のAmazon.co.jpのアカウントに登録されている
下記の情報を自社ECでも利用いただけます。

  • 配送先情報
  • クレジットカード情報

お客様は安全かつ手軽に決済が完了。

そして、決済完了と同時に会員登録やメルマガ購読も行っていただけます。

自社ECの会員登録は、店舗とのコミュニケーションを積み重ね、

リピーターになっていただく第一歩です。

自社ECサイトの決済が格段に便利に

いろんな店舗や店舗が集まるショッピングモール、例えばAmazon.co.jp。

決済に必要な情報を最初に登録すると、

次から購入する際にIDとパスワードを入力するだけでサッと決済が完了します。

アマゾンからスマホにお知らせが来て、つい衝動買い。
IDとパスワードを入れるだけで、買い物が終わるし、、、

そんな経験はありませんか?

Amazon.co.jpにすでに登録している情報を使って、
サッと会計を済ませてくれる。

「Amazon Pay」は、その便利さを自社ECでも実現します。


スマホ時代。「欲しい!」気持ちを逃がさない強い味方

例えば、待ち合わせ中にスマホからInstagramを見てる時に、
偶然見つけたステキアイテム。

それを売ってるECサイトにはじめて行って、とりあえずカゴに入れた。

決済をしようとしたけど、、、

買っちゃおうかなー、
けど情報入力がめんどくさいし、
クレジットカードでポイント貯めたいけど、
わざわざここで取り出して入力するのもなー

と思って、購入を見合わせたことはありませんか?

家に帰ってからもう一度ゆっくり見てみよう

とその場では思っても、たいていは忘れてしまったり、、、

そんな時、「Amazon Pay」が導入されているサイトなら、
Amazon.co.jpIDとパスワードを入力するだけですぐに! 決済が完了します。

初めて訪問するECサイトでも「買わない理由」を無くし、衝動買いの背中を後押ししてくれる。

お客様の「欲しい!」と思った気持ちを逃さない、強い味方です。


カゴ落ち対策に効果を発揮。

最近はスマホで気軽にECサイトにアクセスできるようになりました。

けれども、

文字入力となるとまだまだ手間取るせいか、
決済画面でのカゴ落ちが増えてしまった、、、

といったお声も耳にします。

「Amazon Pay」は、
カートに入れた後に「文字をなるべく入力させない」というコンセプトのもと開発。

決済完了までのストレスが大幅に軽減します。

スマートフォンなどからの文字入力しにくいデバイスからでも。
圧倒的にお客様のお買い物がしやすくなって、カゴ落ち対策ができる。

「Amazon Pay」はそんなサービスです。

  • 実際にどんな感じで決済が完了するのか?
  • すでに、FutureShop2で導入した店舗様の効果は?
詳しくは下の機能ページをご確認ください。

http://www.future-shop.jp/function/construction/loginandpayments.html